【マッチレビュー】ルヴァンカップ準々決勝第2戦鹿島アントラーズvs名古屋グランパス

2023シーズン

はじめに

勝ったーーーー!!!

2試合連続でグラサポの喉を枯れさせる試合展開。

熱く強い名古屋を見せつけました!

圧巻だったのは、ハセケンの采配。勝負師っぷりを見事に発揮。監督の経験値というものを見せつけた一戦でした。

さあ、振り返って行きましょう。

名古屋グランパススタメン

2試合連続同じスタメンで挑みました。

鹿島アントラーズスタメン

一方、鹿島は第1戦からスタメンを3人変更。前節調子の良かった選手をそのまま起用してきました。

また鈴木優磨に次いで厄介な選手が、、、。

それは柴崎岳。復帰後間もない中、あのパフォーマンスは驚き。それだけクオリティの高い選手だと改めて実感しました。

これで今季の対戦を終えられて良かったです。

鹿島はここから上位陣との対戦を残していますので、バタバタと切り倒してほしいです!笑

ポベ的評価点

【全体】:7.5点

開始3分でセットプレーから先制。試合の入りもよく追加点を取れればベストでしたが、一発勝負で先手を取れたのは大きかったです。

また、ケンタ采配も見事。後半のキャスパー、前田と久保の交代では大きくギアは上がらなかったものの、ターレス、温紀の起用は見事。

特にターレスをベンチに入れていたこと、そして温紀が決めてしまうこと。勝負をかけたことが良い結果を生みました。

一方、失点後の立ち直り方や、押し込まれた際のカウンターのスピード感など改善すべき点は多々ありました。

まだまだ強くなれます!ここからです!!

【GK】

ミッチ:7.5点

鈴木優磨のヘディングのセーブは圧巻。あれ止めちゃうのは衝撃的。衰えを知らない。

【DF】

河面:6.5点

いつもパスの精度など攻撃面での貢献が大きいが、今試合は守備面での働きも光った。 

中谷:6.5点

今回も鈴木優磨封じを任され、苦戦はしたものの第1戦よりは自由にはさせなかった。

藤井:6.5点

精度の高い判断で制圧。簡単にはやられない。成長速度がえげつない、、。

【MF】

稲垣:6.5点

この人はいつまで走れるんだろうか。どこまで行くんだろうか、、。

内田:7.0点(109分吉田と交代)

本当にいい!この一言に尽きる!ボランチ起用当初は守備に不安要素もあったが今は全くない。欠かせない存在。

野上:6.5点(91分ターレスと交代)

サイドチェンジで1点目の起点に。90分の上下運動も板についてきた。

和泉:7.5点(82分久保と交代)

1得点目は半分くらい和泉に上げたいくらい。コーナーのアシストだけではなく、そこに繋がったボール奪取からのドリブル。これぞ和泉。

【FW】

森島:7.0点(120+1分丸山と交代)

ヘディング決まれーー!!攻撃面も守備面ももう不安はない!ボールキープもうますぎる。(特に12分のシーン)

永井:6.5点(59分前田と交代)

得点こそなかったものの押し込まれた展開でもスピードでチャンスを演出。

中島:7.5点(59分キャスパーと交代)

ナイスゴール!!ここからの爆発に期待!!今後もやってくれそうです!!あの身長であのボールキープ力は日本に数えるほどしかいないのでは?

【交代選手】

キャスパー:6.0点(59分中島と交代)

得点がなく寂しいですが、そろそろやってくれるでしょう!

前田:6.0点(59分永井と交代)

第一戦ほどのインパクトは出せなかった。キャスパーとの相性もそこまで良くないと感じるのは気のせい??

久保:6.0点(82分和泉と交代)

第一戦得点という大きな結果を残しただけに警戒されたか。ボールキープ力は圧巻。

ターレス:7.0点

これまでで一番良かった。どうしてもマテウスと比較してしまうが全く違う。周りを活かしながらボールを動かせる選手。グランパスにリズムを生んだ。

吉田:–点(109分内田と交代)(ポベ的MOM)

もう!最高だよ!!あの場面、あの状況でシュートの選択ができる勇気、素晴らしい!本当に最高!!!!ありがとう!!!

丸山:–点(120+1分森島と交代)

最後の最後まで集中して守ってくれた!さすが!

おわりに

これで準決勝進出が決まりました!!!

厳しい、本当に厳しいゲームでしたが、なんとか勝ち取ってくれました!

勝負師ケンタ流石です!

このルヴァンカップ毎試合異なるヒーローが生まれています!準決勝は誰がヒーローに??

行くぞ!FINAL!!!!

タイトルとURLをコピーしました