【マッチレビュー】J1リーグ第28節名古屋グランパスvs北海道コンサドーレ札幌

2023J1リーグ

はじめに

んーーーー、、、、、。またも引き分け。ホーム無敗は継続したものの、悔しい結果となりました。

なんとかしようという思いも見えたため、なんとも言えないゲームでした。

試合後のハセケンのコメントからは、「まだまだだな。」という想いを感じました。また1からやり直している中で、なんとか打開策を見出してほしいです!

名古屋グランパススタメン

前節からの変更点は2点。森下、和泉の左右の変更と前田を先発で起用しました。

実際、ボールを奪って攻撃に繋げるという点ではかなり良かったです。ただ、札幌の「プロフェッショナルファウル」で止められるシーンが多々。

あれがなければ前半で得点できていたかもしれません。まあそれも含めてサッカーだなと。

それでも得点できるのが優勝に相応しいチーム。まだまだ伸び代しかありません!

北海道コンサドーレ札幌スタメン

札幌の超攻撃的サッカーに苦戦しましたが、なんとかなんとかミッチのスーパーセーブで防いでいました。

それでもこじ開けられてしまった、どこか隙が出てしまったもったいない失点だったと思います。

特に3トップは一人一人に特徴があり捕まえづらく、そこに加え中盤2枚とWBが流動的に動きながら名古屋のスキをついてきました。

余談ですが、この札幌の流動的な攻撃は、名古屋も参考に出来る点が多いと感じました。

ポベ的評価点

【全体】:5.0点

前半、防戦一方だった中での先制点を獲れたのは良かったが、あっさり失点を許す。交代選手は倍井を筆頭にペースアップしたものの得点には至らず。

また、セットプレーの可能性の感じなさはなんとかならんものか。最後のセットプレーにゴールの匂いを感じなかった、、、。

【GK】

ミッチ:6.5点(ポベ的MOM)

まずは、200試合出場おめでとう。そしていつもありがとう。ミッチがいなければ3失点くらいはあったかな。

【DF】

藤井:5.0点

失点シーンではスパチョークのポジションに対して遅れてプレスに行ったため、中途半端な立ち位置で簡単にやらせすぎた。

中谷:5.5点

小柏に苦戦。チャンスもかなり作られてしまった。ただ、得点したキャスパーへのパスなど今節はロングボールから攻撃面での貢献度も高かった。

河面:5.5点

もうJ屈指の左利きのCBと呼んで良いと思う。守備面の不安を全く感じなくなった。

【MF】

稲垣:5.0点

ボール奪取の選手のため求められるタスクが違うが、ロストが多い。孤立することも多いため周りのサポートが必要。

内田:6.0点(82分山田と交代)

一家に一台うっちーを置きたい。セカンドボール拾いすぎ。

和泉:6.0点(90分野上と交代)

一家に一台和泉も置きたい。

森下:5.0点(82分貴田と交代)

代表にも選ばれ、相手の警戒からか最近は抑え込まれている印象。名古屋在籍時の相馬を見ている感じ。ここからもう一皮剥けてほしい。

森島:5.0点

まだイマイチフィットしきれていない感じ。要所でうまさは見せるもチャンスには繋がらず。和泉との連携は◎

【FW】

前田:5.5点(69分倍井と交代)

チャレンジする姿勢を見せ続け良かったが、あと一歩。得点が見たい。

キャスパー:6.0点(69分永井と交代)

前半はボールが繋がらず苛立ちを見せるシーンも見受けられたが、得点シーンは見事。やっぱりゴール前でで仕事をしてほしい選手。

【交代選手】

倍井:5.5点(69分前田と交代)

特徴がありワクワクする選手。来年楽しみ!ボールを受けに降りてきてしまう倍井だったが、貴田を入れて倍井をサイドに動かす判断をしたハセケンも見事。

永井:5.5点(69分キャスパーと交代)

サイドに流れながら周りを活かし、相手を押し込んだ。

貴田:–点(82分森島と交代)

得点を獲りたいギラギラした感じが好き。今後が楽しみ。

山田:–点(82分内田と交代)

もう少し長い時間で見たいが、そのためには短い時間でも結果を!

野上:–点(90分和泉と交代)

時間短く評価なし。

平均点5.5〜5.0点

おわりに

なんとかしたい、という気持ち、

そして少しずつではありますが、攻撃面でもボールを動かすという変化は見えつつあると思います。

泣いても笑ってもリーグは残り5試合。可能性のある限りサポーターは信じて叫び続けるだけです!

前を向き戦い続けましょう!!

タイトルとURLをコピーしました