【マッチレビュー】J1リーグ第23節名古屋グランパスvs鹿島アントラーズ

2023J1リーグ

はじめに

鯱の大祭典第2戦目!二試合続けてウノゼロで勝利!!!!!!最高!!!!!!

前回対戦5月14日の国立での試合の雪辱を果たしてくれました。

マテウスがいなくなった後の二戦目。ここで連勝できたのはデカい。自信のつく二連勝になったのではないでしょうか。

そして森島の初スタメンもあり新しい攻撃の形が出来はじめているなと感じさせる試合でした。

やっぱり名古屋の夏は負けませんね。振り返っていきましょう!

名古屋グランパススタメン

並びはいつも通り、3−5−2のスタイル。永井、キャスパーの下に初スタメンの森島を起用する形となりました。

守備時は、永井が森島と同列に並び、スペースを埋める可変フォーメーション。

プレビューでも述べましたが、鹿島のSHが中へ絞ってパスを繋ぎゴールを目指すスタイルのため、どうしても中盤で数的不利を作られることを懸念した形となりました。

ただ前半は相手ボランチが捕まえれらず、シュートを許す場面もありましたが

「残念、そこはミッチ」流石の安定感。

ある程度遠目からは打たせてもいいという決まりはあったのかもしれません。(2010の楢崎かな?笑)

そして、攻撃時は森下・野上のWBの数的有利を活かした攻撃で見事得点。狙い通りのゴールであったと思います!

鹿島アントラーズスタメン

ブロックをひいて守る名古屋に苦戦はしていたのものの、それでもシンプルに前線に放り込みチャンスも作れてしまう鹿島。

鈴木・垣田の競り合いとキープ力を前に名古屋DFは苦戦を強いられました。

中谷がここまで空中戦で勝てないって鈴木優磨くらいでは?敵として本当に嫌な選手。

そしてセットプレー。正確なキッカーと屈強なヘディンガー。そりゃ点取れるわ。笑

ただよく集中した守備で守り切りました。良かった。

ポベ的評価点

【全体】8.0点

今節も勝利!久しぶりの連勝!名古屋強いなあ。要塞豊スタでどう頑張っっても負けられないなあ、、、、、

そして、内容も狙い通りの形で勝利を収めることができています。

欲を言えば交代選手。ゴールという結果を出して欲しい、、。ここが機能するようになれば優勝間違いなし。

この次のアウェー二連戦浦和(4位)、C大阪(6位)の上位対決でも厳しいゲームが予想されます。この8月でもう一つランクアップしていくためには交代選手の活躍は必至です!

【GK】

ミッチ:7.5点

シュート打たせても止める、セットプレーの処理も完璧。お世辞抜きにJリーグNo.1GK。欠点あれば教えてください。

【DF】

河面:7.5点

だめだ。良すぎる。安定感が日に日に増してしまっている。そしてキッカーもできてしまうというオプション付。森島、河面と右左キッカーが揃ってしまいました。野上も決めたことだし、そろそろ点取るのでは。

中谷:7.0点

鈴木優磨がスーパーすぎるのもありましたが、空中戦は勝てていなかっ印象。ただDFリーダーとしてカバーリング、セットプレーの対応と安定感はいつも通り。前回対戦のように自由にはさせなかった。

藤井:8.5点(PMOM)

ゴールの起点も陽也から。あのサイドチェンジできるDFはJリーグに片手で数えられるくらいでは?守備時も攻撃時も悲観するところが全くない。やっぱりバケモノ。陽也がいなくなったら名古屋の守備より攻撃が危ないかも。笑

【MF】

内田:7.0点

完全移籍確定でお願いします。走行距離も稲垣に並ぶほど。そしてWBもできる。バケモノ②

稲垣:7.0点

厳しい展開の中、中盤で自由を与えない守備。攻撃時もマッシモ時代並みのゴール前での動きもありました。得点時野上に1番近かったのは稲垣。得点も近いでしょう。

森下:7.0点

名古屋を支えるWB。33分の鈴木優磨のスルーパスを防いだところも、得点時の起点になったのも、攻守において活躍。あとはシュートぉぉぉぉぉ。笑

野上:8.0点(87分米本と交代)

最高のタイミングで、狙い通りの形で押し込む。ここで野上に得点が生まれたのは大きい。キャスパー、野上コンビで得点量産も期待。

【FW】

森島:7.0点(90+4分中島と交代)

守備時の連携は「今までも一緒にいたよね」くらい完璧でした。本人のコメントにもあったように攻撃面の連携はまだまだこれからでしょう。はあ、楽しみ。

永井:7.0点(77分前田と交代)

ゴールという結果は最近は少ないものの攻守において常に存在感を示す永井。森島の加入で守備時の負担が減り、永井のスピードが活きるシーンも多々。また、得点シーンでは相手CBを引きつけキャスパーへのパスで起点に。欠かせない。

キャスパー:7.5点(77分酒井と交代)

人のゴールの方が喜ぶ人。今節も大喜び(かわいい、、)。鹿島はCBが引き出されることを極端に嫌うチーム。そのため今節はキャスパーが斜めのランで相手CBを釣り出すシーンが多く観られた。得点取るストライカーとしての役割だけではなく、アシストもできちゃう。最高なFWです!

【交代選手】(今節はいずれも出場時間短く評価点はなし)

前田:ーー点(77分永井と交代)

ボールの保持できない難しい展開での出場ということもあったが、コンディションがまだまだ上がらない印象。良さが出ないというか出せていない。次節は浦和。トラウマをさらに植え付けろ。

酒井:ーー点(77分キャスパーと交代)

やっぱり守備が上手い。さらに、交代前防戦一方だったが、ボールキープとタイミングよくボールをもらいに行き良さは出ていた印象。ただ、攻め急ぐところがあり、ボールロストが目立ってしまっていた。

米本:ーー点(87分野上と交代)

ゲームをシャットアウト。今節もクローザーとしての役割をしっかり果たしてくれました。

中島:ーー点(90+4分森島と交代)

キャスパーのいない次節。チャンスは多くあると思われるため、期待!!!

おわりに

4位〜6位の上位直接対決初戦を勝利で終えることができました!一安心!

次節はいよいよ3位4位直接対決のアウェイ浦和との対戦です。

試合以外の面でも何かと注目されるような一戦ですが、とにかく勝利を目指しファミリー一丸となって試合に向かいましょう。

キャスパー不在の中、どのように戦うのか。グランパスの総力アップも含めて大事な試合となります。

試合外の事はJFAに任せて、試合に集中して勝ち点3を掴み取って帰りましょう!!!!!!

タイトルとURLをコピーしました