【マッチプレビュー】J1リーグ第27節アビスパ福岡vs名古屋グランパス

2023J1リーグ

はじめに

ルヴァンカップ準々決勝の激闘から1週間。

難しい試合展開の中勝利し、悪い流れは断ち切りました!

ここからはリーグ戦。残り8節。首位神戸との勝ち点差は6。

逆転優勝に向け一試合一試合勝ち点3を積み上げていきましょう!!

名古屋グランパススタメン予想

  • GK:ミッチ
  • DF:河面、中谷、藤井
  • MF:和泉、内田、稲垣、野上
  • FW:永井、森島、キャスパー

代表合宿に参加した森下はコンディションも考え、ベンチスタートと予想。

FWはここ数試合ゴールのないキャスパーですが、奮起を期待!

その他のメンバーはルヴァンカップ同様のメンバーになると予想します。

アビスパ福岡前節スタメン

福岡のフォーメーションは3-4-2-1。名古屋と同じ形でミラーゲームとなります。

前回対戦(第17節2-1で名古屋の勝利)では4-4-2のフォーメーションでしたが、スタイルを変えて調子は上向きです。

また、福岡もルヴァンカップ準々決勝に勝利し、ベスト4進出を決めています。

ただ、福岡のFWは佐藤凌我が長期離脱、そしてルキアンも日曜日の試合で負傷交代しています。今季主力であったFWの2選手が離脱。

その中でフォーメーションの変更やメンバーの立ち位置の変更の可能性も、、読めない部分もあるため注意が必要です。

ポベ的注目ポイント 三選

  • 数的優位を作れるか

ミラーゲームの場合、いかに数的優位を作れるか、作らせないかが鍵を握ります。

ドリブル、パス、ランなどで相手を一枚でも剥がせば数的優位、逆も然りです!

福岡は短いパスを繋げゴールに迫ってくるチームです。奪った後は大きな展開に繋げることで優位性を出せるでしょう!

そしてなにより1vs1で負けないこと!!

  • 複数得点を奪う

マテウスが抜けてから90分間での複数得点がありません、、、、、。

こうも顕著に表れるのかと、、、。

しかし、ルヴァン準々決勝第2戦では、120分間ではありますが、ようやく2得点目が生まれました。

マテウスが抜けてから「思い切りの良さ」というものが欠けていたと思います。

それを思い出させるような吉田温紀のゴール。

今節は「思い切って打つ!」そんな気持ちのこもったゴールで複数得点を奪ってほしいところです!

  • 悪い流れを「完全に」断ち切れるか

下向きのチーム状態の中でもルヴァンカップ準々決勝は勝ち抜けることができました!

とはいえ、リーグ戦は3戦勝ちなし。

ここで、悪い流れを「完全に」断ち切るためには勝利が絶対条件!!

必ず勝って上昇気流に乗りましょう!!!

おわりに

福岡との対戦成績は、

20勝2分5敗。2001年から13試合連続負けていない相手とのこと!

圧倒的に名古屋に分がある相手だけに、必ず勝利して上昇気流に乗りたいところです!!

もう、ここからはいかに勝ち点を積めるかが勝負です。

残り8節。一戦一戦勝ち抜きましょう!!

タイトルとURLをコピーしました